薔薇に魅せられて

一年のうち1/3は陽が当たらない小さなマンションの庭で薔薇やベリー、野の花を育てています。 薔薇の事を中心に美味しい物など日常をアップします。

はた結びってご存じですか?

ブロ友さんが、何時も見せて下さるタティングレース。
自分は体の具合で針仕事は出来ないのだけど、生協のパンフにスターターセットが有ってポチッとしてしまい
届いてから本だけではさっぱり解らず動画を見ながらちょっとやってみたんです。
その時にネットで糸のつなぎ方が出ていて、それが「はた結び」でした。

この結び方、子供の頃母が抜いた糸も大事にとっておいて、この結び方で繋いでいました。
何度教えてもらっても出来なくて、どんな結び方だろうかと時々考えていました。
図が載っていて、これを見ながらだったら出来るかもしれないと思いました。
図はネットからお借りしました。




hatamusubi10.png






今日の薔薇はジュビリー・セレブレーション





IMG_0947.jpg





遊びに来て頂いて有り難うございます.
気軽にコメント頂けたら嬉しいです.





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

point

おはようございます。
はた結び ボビンレースで糸を結ぶときに使います。
私も子供のころから慣れ親しんだ結び方だったと思いますが、
それがはた結びと分かったのはつい最近の事です。
しっかりと結ばれて解けにくいんですよね。
ジュビリー・セレブレーション 
やさしい色合いですね。

2016/10/07 (Fri) 09:17 | katataka #T4iTjaJU | URL | 編集 | 返信

point

katatakaさん^^

あの、細かくて素敵なボビンレースなさっていらっしゃるんですか?
尊敬します。
以前友人の作品も有るというので銀座での展覧会を見に行ったことがあります。
ため息ばかりついてました。

母がよく、解けないからいいのよ〜と言っていました。
和裁を習った時に教えてもらえるかと思ったのですが
二人の先生ともご存じなかったのです。

ネットってありがたいですね。
解って嬉しく思っています。

2016/10/07 (Fri) 18:02 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

yokkoさん

知らないわ。
昔の人は物が貴重だったから
いろいろな工夫したのにねッ。

私の叔母は毛糸に糸を混ぜて編み物していました。
慎ましやかで、それはそれでいいねっ。

2016/10/07 (Fri) 21:51 | az #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

point

azさん^^

母が早く亡くなっているので、知りたいと思った時には解らなくて、今の歳になってでも解って嬉しいわ^^
糸を使っての手仕事される方は、なさっているのね。

2016/10/07 (Fri) 23:23 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

yokkoさん手芸もされるんですね。
お料理も上手で凄い〜♪

わたしは、裁縫とか嫌いで、母にイヤイヤ教えられていました(^.^;
(妹は、母に似てるので得意です)

2016/10/08 (Sat) 02:47 | Russian Rose #JalddpaA | URL | 編集 | 返信

point

Russian Rose さん^^

手仕事大好きでした。
30代の時にムチ打ちになって
それからは針が持てなくなりました。

最近ちょっと試すのですが長くはできません。

2016/10/08 (Sat) 10:06 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

タティングレース、素敵でやってみたいけど
目も手先もついていかなそうです。 (><)

父方の祖母が越後上布の糸を紡ぐ人で
麻を細く裂いて、結んで糸にするのですが、この結び方だったような気がします。
教えてもらいましたが、昔の話でたしかではありませんが。
結び目が小さく、ほどけにくいということでした。

2016/10/08 (Sat) 13:25 | amocs #99DFA69w | URL | 編集 | 返信

point

amocs さん^^

私もやりたくても本格的にはできません。
でも、ちょっとだけかじってみたくなりました。

この結び方は昔から解けにくい結び方として伝わってきていたんですね。

子供の頃になんとか覚えたいと思っていましたが
覚えられなくて、大人になって知りたいと思っても
母は亡くなっているし、そのままになりました。

2016/10/08 (Sat) 17:31 | #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

以前、べネシアさんの番組で
沖縄に行く回があったのですが、芭蕉布を織る人間国宝の平良敏子さんの糸芭蕉をはた結びする手つきが鮮やかで、録画を保存して何度も見ています。

こういう参考になるブログにしなきゃと
勉強になります。

2016/10/08 (Sat) 18:09 | blanctulle #- | URL | 編集 | 返信

point

blanctulleさん^^

長年知りたいと思いながら分からずじまいでした。
タンディングのところをネットで探して見ていて糸の繋ぎ方が出てきたんです。

blanctulleさんとご縁ができたおかげです。

2016/10/08 (Sat) 19:37 | yoke #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

こんばんは!
はた結びって知りませんでした。
でもネットで、図も結び方も繋ぎ方も分かって本当に
便利ですね(>_<)

ジュビリー・セレブレーションは色が綺麗です。

2016/10/08 (Sat) 21:30 | みすてぃむーん #tRtGEt2Y | URL | 編集 | 返信

point

みすてぃむーんさん^^

今回、糸での手仕事をされている方は実践されていることを知りました。
私は母との思い出に答えが出て嬉しく思っています。

ジュビリー・セレブレーションは楽しめるバラですよ〜^^

2016/10/08 (Sat) 23:14 | yoke #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point こんにちは!

私は昔から編み物が好きで子供たちのセーターは全部手編みしていました。
その時につないでいた糸の結び方です。
名前は初めて聞きましたけど。

うちも秋のばらはポツポツですがそれでも咲いてくれるのが嬉しいですね。

↓通り慣れない道でのトラブル。私も工事中の道で鉢合わせで酷い目に遭いました。警備員さんにしっかり誘導してもらいたいですね。

2016/10/09 (Sun) 06:57 | hiroro #- | URL | 編集 | 返信

point

hiroroさん^^

パソコンがおかしいのか私の名前がyokkoではなく表示されてしまいます。
yokeって私です。

hiroroさんも使っていらしたのね。
母が行きている頃にちゃんと習っていたら、使ってこられたのに残念です。
これからいとつなぎは「はた結び」にします。

交通規制、以前出かけた時も全くわからないところに行ってしまい
ナビで我が家に帰ってきてしまったことが有ります。

2016/10/09 (Sun) 16:03 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point こんにちは~♪

昔、帯の工場に内職に行ってたとき、糸にヨリをかける機械をまわしてるときや、仕上がった糸を巻いて商品にするとき、つなぎ目はこの結び方でした。結び方の名前は教えてもらったかもですが覚えてませんでした。
結び目が小さく収まるということで、教えてもらってからはお裁縫の糸も繋いで使うようになりました。

今でも指が覚えています♪

2016/10/09 (Sun) 16:22 | chie #- | URL | 編集 | 返信

point

chieさん^^

母がいつも素早く糸を結んでいたので
何回見てもわからなかったのです。
子供の頃のお話ですけど。

皆さんいろんな形で身につけていらっしゃるんですね。

沢山コメントいただけて嬉しかったです。
有難うございます。

2016/10/09 (Sun) 19:15 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

point

yokkoさん~

「はた結び」懐かしい響きです。
母が子どものころから着物を縫ったり繕いをしていた時に、はた結びで糸を繋いでいました。
どんなに短くてもつなげるし、絶対にほどけないの・・・って。
私も、毛糸や布を縫う時は、はた結びをしますね。
今は 糸を繋いで使うことも少なくなったようですね

2016/10/11 (Tue) 07:10 | さくら #HfMzn2gY | URL | 編集 | 返信

point

さくらさん^^

母の時代はどんな短い糸も大切に残しておいて繋いで使ってましたね。
子供の私は何度教えてもらっても覚えられなくて
そのうちにと思っていて、いざ使う時には母がいなくて教えてもらう人がいませんでした。
ネットのおかげで解るようになって嬉しいです。

2016/10/11 (Tue) 07:21 | yokko #6R3oiliI | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)